教育

  • 医療技術部
  • 看護部
  • 教 育

教育方針・教育体系

教育の理念

病院の理念、看護部の方針を理解し、質の高い看護を実践できる人材を育成する

教育の目的

看護の専門職業人として臨床看護実践能力を高め、患者ケアの質的向上を図ることを目的とする

教育方針

  • 1. 看護の質の底上げ、中堅看護師の育成を強化する。
    特に看護実践能力では患者を診る力・必要な看護技術を提供能力の向上を目指す
  • 2. 自己研鑽のための学習環境を提供し、看護師の主体性を伸ばす
  • 3. 情操教育を行ない、徹底した優しい人づくりを充実させる

教育目標

  • 1. 組織の一員として自覚し、役割を果たす事ができる
  • 2. 看護職員として患者の権利を尊重し、科学的根拠基づき安全で効果的な看護実践ができる
  • 3. 専門職業人として主体的に自己啓発ができる
  • 4. 看護の質の向上を目指した研究的態度を持つ事ができる
  • 5. 豊かな人間性と感受性を持ち、やさしい看護ができる

教育の構築図

院内・外における継続教育に参加する

現任教育
院内教育
院外教育
自己啓発
集合教育 (OFF-JT)
分散教育 (OJT)
ラダー研修 (新人・Ⅰ〜 Ⅳ)
対象別研修
現場教育
管理者研修
臨床指導者研修
看護補助者研修
中途採用者研修

院内教育プログラム

  • 新 人指導を受けながらマニュアルに基づいて看護実践ができる
  • レベルⅠマニュアルに基づいた看護が実践できる
  • レベルⅡ自立して看護実践ができる
  • レベルⅢリーダーとしての役割が果たせる
  • レベルⅣ役割モデルが果たせる・専門性を発揮できる

院内教育研修プログラム