本文へジャンプ

緩和ケア病棟へようこそ!

あなたらしく充実した人生を送られますように

緩和ケア(ホスピス)とは

悪性腫瘍(がん)または、後天性免疫不全症候群(エイズ)などで、積極的な治療が困難と判断されたり、それらの治療を希望されない方で、さまざまな苦痛を和らげ(緩和し)、残された日々をその方らしく過ごしていただくことを支えるケアです。

このケアには、単なる肉体の苦痛だけではなく、心の問題や、その方のおかれた立場上の苦痛、人としての深い問題に対しても耳を傾けていくことが必要です(全人的ケア)。患者さんだけでなくそのご家族もケアの対象であり、その目的に対し、多職種からなるチームでケアを進めます。また、患者さんが病院を退院されたあとも、残されたご家族のお気持ちに寄り添い、再び元気を取り戻していただくように援助することも重要な働きです。

世に言うホスピスと一般的には同じような意味です。しかし、ホスピスという言葉は、単なる建物をさすのではなく、ケアのプログラム、または社会思想を反映している言葉といえます。

その思想の根底には、人間の尊厳の尊重・人権の尊重・自律性の尊重が流れています。


全人的苦痛に対するケア

全人的苦痛に対するケア

病棟理念

あなたらしく充実した人生を送られるように

  • 昼夜いつでも患者さんの満足を得られるようなケアを提供します。
  • 患者さんの全人的な苦痛を緩和するよう努力します。
  • 患者さんのみならずそのご家族に対してもその苦痛・悲嘆に耳を傾け、援助を惜しみません。
  • スタッフ皆で力を合わせ、患者さんが快適な入院生活を送られるようにします。
  • 地域の人々と手を携え患者さんとそのご家族を支えます。


ホスピス緩和ケアの方針

  • 痛みやその他の苦痛となる症状を緩和する
  • 生命を尊重し、死を自然なことと認める
  • 無理な延命や意図的に死を招くことをしない
  • 最後まで患者さんがその人らしく生きていけるように支える
  • 患者さんが療養しているときから死別したあとに至るまで、ご家族がさまざまな困難に対処できるように支える
  • 病気の早い段階から適用し、積極的な治療に伴って生ずる苦痛にも対処する
  • 患者さんとご家族のQOLを高めて、病状によい影響を与える。


岐阜中央病院緩和ケア病棟のあゆみ

1994年  2月 ぎふホスピス運動をすすめる会(神山純子代表)発足
1995年11月 岐阜県に緩和ケア病棟設立とケアの充実を求める請願署名活動開始
1996年  2月 4万5千人の署名を提出、3月県議会にて満場一致で採択
1997年 第5回日本ホスピス・在宅ケア研究会岐阜大会. ボランティア講座スタート
1998年 県の委託事業としてボランティア講座. SKKセミナー開始
1999年 ホスピスボランティアグループ<そよ風>結成
岐阜中央病院緩和ケア病棟完成、そよ風が活動開始
2001年 岐阜中央病院ボランティアグループ<りぼん>誕生
ボランティアコーディネーター就任、ボランティア講座開催
2003年 入院患者さんが500名を超える
2004年 5周年記念誌発行
日本死の臨床研究会中部支部総会が岐阜で開催
2005年 入院患者さんが900名を超える
ホスピスケア認定看護師誕生、専任医師が2名となる
日本医療機能評価機構(付加機能:緩和ケア)受審
2006年 日本医療機能評価機構(付加機能:緩和ケア)認定

緩和ケア

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ