本文へジャンプ

消化器内科とは

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆のう・膵臓などの腹部の病気を担当します。

  

  

こんな方は受診して下さい

  • お腹が痛い(腹痛)、食欲がない、体重が減少する。
  • むかつきがある(吐気)、胸やけがする、食物がつかえる、血を吐いた。
  • 血便が出る、黒い便が出る、便秘である、下痢が続く。
  • お腹が膨れる、腹水がある。
  • 体が黄色くなる(黄疸)、体がだるい、尿が褐色である、便が白っぽい。
  • 検診で肝機能異常を指摘された方、胃検診や大腸がん検診で異常を指摘された方、胃腸、肝臓、胆のう、膵臓などの検査を希望の方は消化器内科を受診して下さい。

  

  

苦痛のない内視鏡検査をしています

胃内視鏡を二度と飲みたくないという方のために、鎮静剤を使い、寝ている間に検査を終えて大好評です。最近では経鼻内視鏡検査も行なっており、楽に検査を受けることができます。

  

  

内視鏡治療を行っています

早期胃癌ならびに胃ポリープにおける内視鏡的切除。早期大腸癌ならびに大腸ポリープの内視鏡的切除術。総胆管結石における内視鏡的ドレナージ・排石治療。膵・胆道系疾患による閉塞性黄疸に対する内視鏡治療。食道静脈瘤に対する静脈瘤結紮術、胃静脈瘤に対する内視鏡的、カテーテルを用いた治療。経口摂取困難な方への胃瘻造設術など。

  

  

肝炎や肝臓癌の検査治療をおこなっています

慢性ウイルス肝炎に対するインターフェロン療法の他に、肝臓癌の早期診断として超音波検査、ヘリカルCT、MRI、肝生検、血管造形などを行っています。肝臓癌の治療には、経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)や肝動脈化学塞栓術などを行っています。

  

  

24時間救急診療体制をとっています

24時間消化器内科医のオンコール体制をとり、吐血、下血、腹痛、黄疸などの救急疾患に対して、緊急内視鏡による止血術や内視鏡的減黄などの治療のほか、外科医との連携の下、消化器疾患の救急診療に当たっています。

地域の中核病院として医療連携に力を入れ、近隣の開業医の先生と密に連絡を取りながらあらゆる疾患に対応できるように取り組んでいきます。

  

ページのトップへ戻る

医師紹介

医師名・役職

主な経歴

専門医・認定医

清水  勝
顧  問

岐阜大学
(1964年卒)
(前岐阜県立医科大学)

岐阜大学大学院医学研究科
(1970年修了)

日本内科学会 認定医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
救急医療専門医
ICD

診療科・医療技術部

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ