整形外科

  • 診療科
  • 整形外科

診療内容や特色

 さて、整形外科といいますと、皆様はどのような疾患の治療を連想されるでしょうか?
まず、はじめに思いつく疾患は、骨折、捻挫、打撲、脱臼などの外傷ではないかと思います。
これらのうち軽傷のものは、湿布や飲み薬などの痛み止め、ギプスをまくなどの治療を行います。
しかし、ズレの大きい骨折や不安定な脱臼、腱や神経の損傷など、放置したら大きな後遺症を残す可能性がある外傷は、手術を行ったほうがよい場合があります。
このような外傷の治療を担当するのが整形外科です。

 しかしながら、整形外科の扱う疾患は外傷のみではありません。
このような外傷のほかに、関節疾患、脊椎疾患、手の外科などの専門分野があります。

 関節疾患は関節軟骨の摩耗(変形性関節症)や関節内の構造物の損傷に伴う障害です。
変形性関節症は関節の痛みが主な症状であり、まず鎮痛剤や注射、リハビリテーションを行います。
しかしながら、関節の障害が重度な場合は人工関節などの手術が必要になります。
当院では、患者様の病状に合わせた低侵襲の人工関節手術を実施しています。
また、膝半月板損傷や肩腱板断裂などを代表とする関節内の構造物の損傷に対しても、関節鏡という内視鏡を用いた低侵襲の手術を行っています。

 脊椎疾患は背骨の老化現象や外傷、感染、腫瘍により頸や背中、腰の痛みをおこし、場合によっては背骨の中にある神経が圧迫されることにより、手足の痛みやしびれ、麻痺、排尿、排便の障害を引き起こします。
痛みやしびれが軽度な場合は、関節疾患同様、痛み止めやリハビリテーションにて様子を見ますが、これらにて十分な効果が得られない場合や、手足の麻痺や排尿、排便の障害が急激に進行した場合には、神経を圧迫している背骨を削ったり、背骨を金属で固定する手術が必要になります。
当院の脊椎手術では、顕微鏡や内視鏡を駆使し、より低侵襲で安全な手術を心がけています。

手の外科は、文字通り手に関する疾患の治療です。
手は非常に複雑な構造をしており、日常生活において重要な機能を担っているため、手の外科という独立した分野が存在します。
手の外傷や、神経の障害に対する治療がありますが、手術、リハビリを含め、手の機能を考慮した専門的な知識、技術が必要となります。

岐阜清流病院では、整形外科の中でも専門領域の治療に関しては、岐阜大学病院の専門医と密接な連携をとりながら治療にあたっています。
当院では、岐阜大学病院の各分野の専門医による外来、手術を行っており、専門的な治療が必要な患者様には、各専門外来を受診していただき、そのまま当院にて手術を含めた治療を受けていただくことができます。

このように、岐阜清流病院整形外科では、外傷などの一般的な整形外科的な疾患に加え、岐阜大学病院の専門医と協力して、幅広い患者様の治療を行っております。
何かご不明な点やご心配をお持ちの患者様およびそのご家族の方は、お気軽に相談していただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

医師紹介

役職・医師名
主な経歴
専門医・認定医
役職・
医師名
病 院 長 菅 哲徳
主な経歴

東京大学(1999年卒)

ハーバード大学
(2010年~2013年勤務)

専門医・
認定医
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会 認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本骨粗鬆症学会 認定医
  • 日本医師会 認定健康スポーツ医
  • 岐阜市整形外科医会 理事
役職・
医師名
顧 問 池田 清
主な経歴
京都大学(1964年卒)
専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本リウマチ学会 専門医
役職・
医師名
医 長 佐竹 崇志
主な経歴
藤田保健衛生大学(2007年卒)
専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
役職・
医師名
非 常 勤 前田 直人
主な経歴
三重大学(1999年卒)
専門医・
認定医