本文へジャンプ

回復期リハビリテーションとは

主に脳血管障害や骨折など病気やケガを発症・受傷して2ヶ月以内で早期治療を終えた方が対象です。服を着る・脱ぐ、食べる、歩く、トイレに行くなど日常生活に必要な動きをできるようにしていくことを目的としたリハビリテーションです。退院後にその人らしい生活が送れるように、患者さん一人ひとりに寄り添い、一緒に目標に向かってリハビリを行います。


365日のリハビリテーション提供体制


発症からできるだけ早く、そして集中的なリハビリテーションを行うことが効果的とされています。当院回復期病棟では理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士によるリハビリテーションを土・日・祝日も含め365日提供しています。


回復期リハビリテーションの取り組み

集中的な機能訓練

集中的な機能訓練を行い、能力の改善を目指します。

機能訓練1
・麻痺した足に体重をのせる訓練
機能訓練2
・麻痺した手を使う訓練

ページのトップへ戻る

生活に視点を置いたリハビリテーション

生活の再建のため、訓練室だけでなく生活の場である病棟でも実際に訓練を行います。

機能訓練4
・着替えの訓練
機能訓練5
・家庭用のお風呂で入浴訓練
(実際に入浴します。)
機能訓練3
・ポータブルトイレを使う訓練

屋外歩行や家事訓練も行います。

機能訓練6
・屋外歩行訓練
機能訓練7
・調理訓練

社会復帰に向けて公共交通機関を利用した外出訓練も行います。

機能訓練8
・バスを利用する訓練
機能訓練9
・電車を利用する訓練

ページのトップへ戻る

チームアプローチ

検討会

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士、医療相談員など各職種間で情報共有を図り、患者さんの機能回復や日常生活動作の拡大につなげます。
週に1回ミーティング、週に1回病棟回診を行い、患者さんの病態やリハビリについて、方向性をスタッフ間で検討しています。



患者さんやご家族も一緒に話し合いに参加します。

現在のリハビリ状況を確認したうえで、利用できるサービスや住宅改修などの提案を行い、安心して退院できるよう話し合います。



回復期スタッフの合同勉強会の様子

回復期スタッフの合同カンファレンスや勉強会を行い、サービスの向上に努めています。転倒予防、余暇時間の過ごし方、介助方法など、回復期に携わる全てのスタッフの意思統一ができるような勉強会を行っています。

合同勉強会1 合同勉強会2

リハビリテーションセンター

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ