本文へジャンプ

スタッフ

PTスタッフ一同


「寝返る」・「起きる」・「座る」・「立つ」・「歩く」といった、日常生活に必要となる基本的な姿勢や動作の獲得を行っていきます。早期に集中的なリハビリテーションを行うことで、身体機能の改善を目指しています。

常に生活に結びつくような、実用的で効率的な機能の改善を図っていくとともに、体を動かすことを通して、身体機能だけではなく認知機能の維持・改善を図ります。
 

人工呼吸器、24時間点滴、酸素マスク、心電図、血圧など全身管理状態下でも、主治医から依頼を受けたリハビリテーション科の医師が診察し、安全基準やリハビリ内容を検討します。その後、早期にリハビリテーションを介入し、身体能力の維持・向上を図ります。

ページのトップへ戻る

疾患について

脳血管障害
発症直後からの早期リハビリテーションが重要であり、容態を考慮しながら、体力・筋力の維持・向上や、潜在能力の強化を図り、日常生活動作の獲得と、早期の自宅退院・社会復帰を目指していきます。
整形外科疾患
手術前よりリハビリを開始し、手術後は早期離床、日常生活動作の獲得、早期退院を目標におこなっています。
1~2週間の臥床を余儀なくされる場合にも、ベッドサイドのリハビリを早期から開始し、機能低下を予防するようにしています。
その他の疾患(廃用症候群)
心臓疾患や肺炎・呼吸器疾患、手術後、透析などによって、体力や筋力が著しく低下した場合にも、自宅退院・社会復帰を目指してリハビリを行っています。

ページのトップへ戻る

訓練内容

関節可動域訓練・筋力訓練
受傷により、寝ている時間が長くなると、関節が硬くなったり、筋力が弱くなったりします。また、身体の使い方も忘れてしまいます。
関節や筋肉を動かすことで、運動や感覚に関わる神経を刺激し、脳や筋肉を活性化していきます。
関節の可動域改善や筋力の維持・増強を図ります。
座位訓練
ティルトテーブルという機械を使って、血圧を管理しつつ、早期から起立を行うことで、姿勢を保つための筋肉の筋力低下や、心臓など循環器系の機能低下を防いでいます。
立位訓練
受傷により、寝ている時間が長くなると、関節が硬くなったり、筋力が弱くなったりします。また、身体の使い方も忘れてしまいます。
関節や筋肉を動かすことで、運動や感覚に関わる神経を刺激し、脳や筋肉を活性化していきます。
関節の可動域改善や筋力の維持・増強を図ります。
歩行訓練
患者さんや利用者さんの能力に合わせて、平行棒や歩行器、杖などを使用して歩く訓練を行います。
自宅復帰や社会復帰を目指し、屋外歩行や外出訓練を実施することもあります。
階段昇降
日本の家には段差が多くあります。玄関や庭先、敷居、階段などです。
段差を上がる練習は、ゆっくり丁寧に。
自宅の環境に合わせて練習していきます。
装具
当院にある短下肢装具です。装具により足首の固定や、足の支持性を介助し、歩行を補助します。
それぞれの病状・身体の状態に合わせて、医師の診断のもと、義肢装具士と協力し、義足や装具の種類や固さ、形も考慮しています。
今にも歩き出しそうですね!!
長下肢装具
当院には長下肢装具という足先から太股にかけて装着する装具もあります。多くの装具が日常生活の中で使用するのに対して、長下肢装具は治療のためにリハビリ時に使用します。
脳卒中の治療初期で、運動麻痺が重度の患者さんに対して、立位や歩行訓練を行うことが出来ます。

ページのトップへ戻る

リハビリの道具(一部)

リハビリ室にある道具の一部です。患者さんに合わせて、色々な道具を使用します。自主トレーニングとして使っていただくことも可能です。病棟・病室へ貸し出しているものもあります。

道具1
・バランスボール
セラバンド等
道具2
・歩行器
道具3
・平行棒
道具4
・トレッドミル
道具5
・エルゴメーター
道具6
・POPO(リフト式歩行器)

ページのトップへ戻る

物理療法

物理療法は、痛みに対する消炎・鎮痛を目的に行っています。
主に肩や膝などの四肢の痛みには、低周波やマイクロウェーブ、水治療法等が行われ、腰や首の痛みには腰椎・頚椎の牽引などを行っています。

リハビリテーションセンター

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ