保育士だより

2016.08
 
    
   子ども達にとっては待ちに待った季節。
 夏の到来と共にプール遊びの始まりです!
 毎朝「今日プールある?」と目を輝かせながら登所していますよ。
 プールの中では、水しぶきを上げながら豪快にジャンプしたりバタ足をしたりなど、全身で水の感触を楽しみ、夏ならではの体験を満喫しています。
   
   小さい子にとっては初めてのプール遊びです。
 最初のころは、水着を着るのを嫌がったり、ほんの少し顔に水がかかっただけで泣いてしまう子もいました。1人1人の様子にあわせ、プールの外側やタライで遊ぶうちにだんだんと興味を持ち、プールのなかでも遊べるようになっていきましたよ。
 
 今では水が顔にかかっても平気で遊ぶ姿もみられるようになり、成長を感じています。
   雨でプール遊びがお休みの日は室内で色々な活動をしています。
 子ども達の大好きな「ままごと」と「家」を組み合わせると「ご飯ですよ〜」「食べてくださ〜い」「おいしいですか?」と、自然とごっこ遊びが始まり、友達や保育士とのやりとりを楽しんでいますよ。
 
   プール遊びや室内遊びを通して、友達と遊ぶ楽しさをたくさん味わった子ども達。これからは戸外活動を通して、自然の中でのびのび体を動かしながら、さらに仲良く楽しんでいきたいと思います。