本文へジャンプ

PETとは?

人間を構成している細胞は、ブドウ糖をエネルギー源として活動しています。
がん細胞は、正常の細胞に比べて、多くのブドウ糖を必要とします。

この性質を利用してブドウ糖に微量の放射性同位元素を付着させたもの(FDG)を注射することによりがんを発見するのがPET検査です。


PET検査の特徴

正常 PET画像

・一度の検査で全身撮影 (頭部から骨盤)

・苦痛の少ない検査

・がんの進行程度の判定に有効

・がんの再発・転移診断に有用

・がん治療効果の判断に有用


PET/CTとは?

PET/CT 装置

PET検査とCT検査を同時に行なうことにより、より多くの情報を得ることができ精度の高い診断ができます。


PET/CT 画像例

          PET/CT 装置


PET検査の流れ

          検査の流れ


注 意 点

  • 妊娠中の方は原則的に検査できません。
  • 糖尿病の方はうまく検査できないことがありますので、医師にご相談ください。
  • がんの種類によっては保険適応とならない場合がありますので、ご注意ください。
  • 炎症などでも薬が集積することもあります。また、がんでも種類やサイズによって集積しないことがあります。
  • 他検査と総合的に判断することが必要です。
  • 当院ではPET健診を行っておりません。


その他ご不明な点は、お気軽にご相談ください。

病院案内

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ