整形外科

  • 診療案内
  • 整形外科

診療内容や特色

当院整形外科では、骨折や脱臼の治療はもちろんのこと、加齢に伴う様々な疾患に対して積極的に治療を行なっています。
特に関節痛に悩む患者さんに対して、元気な日常を取り戻すため、様々な治療を行なっています。また、岐阜大学医学部附属病院の専門医と協力し、関節疾患のみでなく、脊椎疾患、手の外科疾患などの専門領域の治療を積極的に行なっています。
日々の関節痛、腰痛や肩こりでお悩みの患者さんは当院医師にお気軽にご相談ください。

当院で行う代表的な手術療法

人工関節手術

関節変形が進行し、痛みが強い末期変形性関節症の患者さんに行う手術です。
人工関節手術は肩関節・肘関節・膝関節・股関節など様々な関節に行うことが可能ですが、当院では特に“歩行”において重要な役割を果たす下肢関節の手術を積極的に行っています。

人工膝関節置換術

人工膝関節置換術には膝の状態によって幾つかの種類があります。
最も一般的な治療は、人工膝関節全置換術(TKA:Total Knee Arthroplasty)(図1)です。本治療は傷んだ骨の部分が関節全体に及んでいる患者さんを対象に施行されます。
関節変形が内側、もしくは外側に限局された末期関節症の患者さんに対しては、単顆型人工膝関節置換術(UKA:Unicompartmental Knee Arthroplasty)(図2)を施行します。より正常膝に近いため、違和感が少なく膝がよく曲がることが特徴です。
手術の適応に関しましては、患者さんの年齢や膝の状態により適応されます。当院では膝関節手術の経験豊富な専門の医師がご相談させていただき、安心して治療を受けていただくように心がけています。

図1人工膝関節全置換術(TKA)

TKAインプラント TKAインプラント
手術前 手術前
TKA手術後 TKA手術後

図2単顆型人工膝関節置換術(UKA)

UKAインプラント UKAインプラント
手術前 手術前
UKA手術後 UKA手術後
人工股関節置換術

末期変形性股関節症の患者さんに行う手術です。
末期関節症ではクッションの役割をする軟骨がすり減って炎症を引き起こし、痛みを生じます。現代医学をもってしても変形の進行を完全に予防することはできず、痛みが生じ、日常生活に影響を及ぼす場合に手術を考慮します。
手術では、傷んだ部分を切り取って、ボール&ソケットタイプの人工関節をはめ込みます。

人工股関節全置換術(THA)

人工股関節全置換術(THA)
人工股関節全置換術(THA)
関節温存手術

特に変形性膝関節症に対して、積極的に関節温存手術を施行しています。
適応となるのは比較的年齢がお若いにもかかわらず、膝の痛みで日常生活に支障が出ている患者さんが対象となります。これからまだまだスポーツをしたい、登山をしたい、力仕事をしているなど、膝の負担の大きい生活を行う患者さんに適応します。
本術式では、自分の関節を温存することができ、自分の痛みの範囲では運動制限がないことが特徴です。
骨切り術には高位脛骨骨切り術(HTO)、遠位大腿骨骨切り術(DFO)、大腿骨・脛骨2箇所での骨切り術(DLO)があり、それぞれ変形の特徴に応じて術式を決定します。

高位脛骨骨切り術(HTO) 高位脛骨骨切り術
(HTO)
遠位大腿骨骨切り術(DFO) 遠位大腿骨骨切り術
(DFO)
ダブルレベル骨切り術(DLO) ダブルレベル骨切り術
(DLO)

スポーツ障害

半月板損傷

膝にはクッションの役目をする半月板(外側半月板、内側半月板)が存在します。
半月板損傷は主にスポーツの際に膝を捻ったり転倒した際に損傷されることがあります。半月板損傷はそれ自体、自然治癒することはなく、痛みが伴うようであれば内視鏡による手術加療が必要になります。
治療では痛んだ箇所を部分切除する半月板部分切除術、痛んだ箇所を修復する半月板縫合術がありますが、現在の日本では約9割程度の整形外科医が半月板部分切除術を選択します。
半月板縫合術は技術的に困難な治療で、避けられる傾向にありますが、最近では様々な手術機械の改良も行われ、我々は半月板温存が可能な縫合術を積極的に行っています。

半月板断裂 半月板断裂
半月板縫合後 半月板縫合後
前十字靭帯(ACL)損傷

主にバスケットボールやサッカーなどスポーツ障害で発生します。
同時に半月板損傷が合併することがあり、前十字靭帯(ACL)損傷に対しては靭帯再建術が適応になります。靭帯再建には半腱様筋・薄筋腱を使用した解剖学的2重束再建術を行っています。
2重束再建術を行うことによってより良い関節の安定性が得られ、のちのスポーツ復帰が可能となります。

前十字靭帯(ACL)断裂 前十字靭帯(ACL)断裂
前十字靭帯(ACL)再建術後 前十字靭帯(ACL)再建術後

手術機器の紹介

手術支援用ロボットROSA

「ROSA」はRobotic Surgical Assistantの略で人工膝関節置換術にて執刀医のサポートを行う手術支援ロボットです。
当院では2022年4月より、岐阜県では初めて米国ジンマー・バイオメット社の整形外科用手術支援ロボット「ROSA Kneeシステム」を導入しました。 これまで術者の経験にゆだねられていた人工膝関節置換術における骨切りやインプラントの設置をロボットがアシストすることによって、低侵襲で合併症リスクの少ない手術をめざします。

手術支援用ロボット「ROSA」
手術支援用ロボット「ROSA」

人工膝関節支援ロボット「ROSA」

手術支援用ロボットROSAを使用するメリット

1. 正確で安定した手術を実現 従来は、執刀医の経験や技術により感覚的に行っていたことが数値化できるため、熟練度の差に関わらず良好な結果が期待できます。
手術前の計画だけではなく、手術中にリアルタイムでの計画変更も可能なため患者さん一人ひとりに対して柔軟に対応できるシステムです。 また、人工膝関節を置換するための骨切り量を0.5mm単位、0.5°単位といった細かい微調整での設定が可能となりますので、良好な長期成績が期待できます。

2. 術後の生活の質(QOL)が向上 人工関節置換術の手術件数は年々増えており、患者さんは持続的な痛みに悩まされています。
精度が担保された手術支援ロボットの活用によって、合併症や患者さんの体にかかる負担も少ないことから術後成績の向上が期待されます。

3. 保険適用で安心 ROSA Kneeシステムは保険適用で治療が受けられます。手術の適応については、当院医師にご相談ください。

松本医師と手術支援用ロボット「ROSA」

人工膝関節置換術について

医師紹介

役職・医師名
主な経歴
専門医・認定医
役職・
医師名
松本 和 病 院 長 松本 和
主な経歴
岐阜大学(1994年卒)
専門医・
認定医
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医
  • 日本人工関節学会 認定医
  • 日本整形外科学会 中部地区資格認定委員
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(評議員)
  • 日本軟骨代謝学会(評議員)
  • 日本人工関節学会(評議員)
  • 日本人工関節学会 資格認定委員
  • 中部日本整形災害外科学会(評議員)
  • 東海小児整形外科懇話会(幹事)
  • 東海足と靴の研究会(幹事)
  • 岐阜人工関節フォーラム(幹事)
  • 東海Knee Osteotomy & Joint Preservation 研究会(代表幹事)
役職・
医師名
石丸 大地 整形外科副部長 石丸 大地
主な経歴
岐阜大学(2004年卒)
専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
役職・
医師名
佐竹 崇志 整形外科医長 佐竹 崇志
主な経歴
藤田保健衛生大学(2007年卒)
専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
役職・
医師名
菅 哲徳 医 員 菅 哲徳
主な経歴

東京大学(1999年卒)

ハーバード大学
(2010年~2013年勤務)

専門医・
認定医
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会 認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
役職・
医師名
前田 直人 非常勤 前田 直人
主な経歴

三重大学(1999年卒)

専門医・
認定医
役職・
医師名
非常勤 岩井 智守男
主な経歴

岐阜大学(2001年卒)

専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科専門医・指導医
役職・
医師名
非常勤 山田 一成
主な経歴

岐阜大学(2002年卒)

専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄医
役職・
医師名
非常勤 河村 真吾
主な経歴

岐阜大学(2005年卒)

専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本手外科学会 専門医
役職・
医師名
非常勤 宮川 貴樹
主な経歴

福井大学(2009年卒)

専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医
役職・
医師名
非常勤 槇 利衣
主な経歴

愛媛大学(2014年卒)

専門医・
認定医
  • 日本整形外科学会 専門医